2008年09月10日

岩手山

<登山日>2008/7/12(土)
<天 候>曇り時々晴
<コース>焼走り登山口[約570m]〜第ニ噴出口跡(80分)〜ツルハシ(80分)〜平笠不動前(60分)〜岩手山頂上[2039m](60分)〜平笠不動避難小屋(30分)〜ツルハシ(30分)〜第ニ噴出口跡(30分)〜登山口(50分)
<歩行高低差>約1469m
<歩行時間>7時間(山頂まで4時間40分)

P7120185.jpg


岩手山は、東北の奥羽山脈北部に位地し、二つの外輪山からなる複式火山です。「南部片富士」とも呼ばれ、古くから歌人が愛した山です。
岩手山の北東斜面には、国の特別天然記念物に指定されている焼走り熔岩流があります。


コマクサの大群落
山肌がピンクに染まる焼走りコース

岩手山の登山コースは多く、岩手山南麓の雫石町からは御神坂(おみさか)コース、網張温泉からの網張コース、東麓の滝沢村からは柳沢(馬返し)コース 、八幡平市からの焼走(やけはしり)コース、北西部の松川温泉からの松川コースなどがあります。

今回焼走りコースを選択したのは、この時期登山コースにコマクサの群落があると聞いたからです。(実際にコマクサを見るのは初めてなのです。)

焼走り登山口へは、東北自動車道の西根ICから程近いところにあり、焼走国際交流村が近くにあります。

P7120001.jpg
登山口から見る岩手山


広い駐車場もあり、駐車場の反対側、道路を隔てて登山口はあります。

P7120002.jpg

天然記念物のゴツゴツした溶岩流に沿った林からスタートし、「焼走り熔岩流」を左に控え、登山道が続いています。

P7120003.jpg

登山道からは直接溶岩流は見えませんが、所々に展望所があり、その荒涼とした風景を見ることができます。

登山道ははじめ平坦な路が続きますが、徐々に傾斜が増してきます。

P7120010.jpg

P7120008.jpg
第ニ噴火口跡
登山道を左に外れ林から出ると、
見晴らしのいい溶岩の上に出ます。
岩手山の広大な裾野が広がります。


第ニ噴火口跡を過ぎ、火山砂の混じる急な路をジグザグに上がっていきます。

P7120007.jpg  P7120030.jpg



P7120015.jpg

やがて視界が開け、左方向に林の縁を上がっていくと、火山砂礫の斜面一帯に咲くコマクの群落へと差し掛かります。

P7120036.jpg

約500mに渡り、登山道の両脇はロープでガードされたコマクサの大群落が続きます。
日本一とも言われるこのコマクサの群落は圧巻です。

P7120051.jpg

P7120052.jpg

P7120024.jpg  P7120040.jpg

コマクサ群落の様子は
「Nature Cruise」にUPしています。


群落を抜けると再び樹林帯に入り、五合目のツルハシで上坊コースと合流。

P7120065.jpg  P7120072.jpg


ツルハシからは樹林帯の中の急登となります。

P7120058.jpg

平笠不動前を通過し、前方に大きな岩が見えてくると、間もなく平笠不動避難小屋に到着します。

P7120079.jpg

P7120076.jpg
小屋の手前に咲くシラネオアイの群落


P7120074.jpg  P7120082.jpg
笠不動避難小屋
この大岩が目印

小屋は、茶臼岳の岩峰と岩手山山頂の鞍部にあります。
ここで網張温泉からの登山道と合流します。

P7120083.jpg

P7120114.jpg  P7120084.jpg


一休みした後、山頂目指して上がっていくと、間もなく森林限界に達し、火山砂礫の急斜面となります。

この辺りにもコマクサやイワブクロなどの高山植物が見られます。

P7120104.jpg  P7120098.jpg

不動平からのコースに合流し、左方向に火口縁を上がり、岩手山の山頂に到着。

P7120094.jpg  P7120095.jpg
岩手山山頂

頂上付近は深い霧に覆われ視界がありませんが、山頂は、様々なコースから終結した登山者で溢れています。

来た路をそのまま戻り、先程の避難小屋へと降りていきます。

下山中に雲が切れ、下界の様子が見えてきます。
屏風尾根から避難小屋あたりのマノラマが広がります。

P7120112.jpg


避難小屋まで下りて、昼食をとり、その後は往路を戻ります。


P7120118.jpg
平笠不動避難小屋辺りからの岩手山
頂上の雲は最後まで晴れなかった。



本日はもう一つの百名山、八幡平へ向います。
八幡平方面から見る岩手山は、どっしりとしていて、広大な裾野を広げています。眺める方向により印象の変わる山です。

岩手山の高山植物


banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 07:28| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105242420

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。