2005年12月11日

お花見に八ヶ岳へ  2005/6/26 

<天候>晴れ
<コース>美濃戸〜(北沢)〜赤岳鉱泉〜行者小屋〜(文三郎道)〜赤岳[2899m](3時間45分)〜中岳〜(中岳道)〜行者小屋〜(南沢)〜美濃戸(3時間)
<標高>2899m
<高低差>1149m
<歩行時間>6時間45分

P6260021.jpg

高山植物の宝庫といわれる八ヶ岳に、キバナシャクナゲを見ようとこの時期を選びました。

クルマで美濃戸口を経て、本当はここも歩くんだろうなと思いながらも、行けるところまでクルマで行くという信条のもと、美濃戸山荘まで乗り入れ、そこから歩き始めました。

行者小屋までは、たっぷり歩かされ(2時間くらい)、そう気安く八ヶ岳には近づかせてはくれない。
行者小屋まで行かないと八ヶ岳様を拝むことはできないのだ。

そこから文三郎道で赤岳山頂を目指す。
それにしても文三郎道の金網の階段辛くないっすか。不安定だし、長いしで、でもよくこんなところに金網の階段つくったよな、と関心もさせられました。

P6260019.jpg
中岳からの稜線縦走路に合流する手前左手、赤岳の斜面にお目当のキバナシャクナゲは群生していました。

ここからは手を使わないと登れないようなところもあったりで、さすが貫禄の八ヶ岳様最高峰赤岳に無事到着でした。

P6260008.jpg

P6260009.jpg
赤岳から阿弥陀岳を臨む

八ヶ岳は、たくさんのルートが整備されており、横岳、硫黄岳、阿弥陀岳等にもまた訪れたいと思いました。


「その八峰と称せられるものを挙げれば、西岳、編笠岳、権現岳、赤岳、阿弥陀岳、横岳、硫黄岳、峰ノ松目。そのうち、阿弥陀岳、赤岳、横岳あたりが中枢で、いずれも二千八百米を抜いている。ニ千八百という標高は、富士山と日本アルプス以外には、ここにしかない。」 (深田久弥「日本百名山」より)

百名山八座目の八ヶ岳。できすぎだ。


Pa310006.jpg
松原湖付近より秋深まり朝日に黄金色に染まる八ヶ岳連峰
(2009.10.31撮影)

Pc130052.jpg
八ヶ岳山麓の原村より(2008/12/13撮影)


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 20:28| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント記入、大変失礼いたします。
ブログルポを運営しております星野由佳と申します。

当サイトは、現在ブログライター様を募集しております。

貴ブログを拝見いたしまして、
是非、当サイトへ記事の登録をお願いいたしたく、コメントさせていただきました。

貴ブログ記事は、当サイトにぴったりかと存じます。
(内容がとても充実していらっしゃいますので、様々なカテゴリに記事登録が可能です。)

下記のURLよりユーザー登録、記事登録が可能となっておりますので、
ぜひともご検討いただけませんでしょうか?

お忙しい所お時間を頂戴いたしまして、大変失礼いたしました。

http://www.blogrepo.net/

星野 由佳
info@bltoa.co.jp
Posted by 星野由佳 at 2005年12月15日 15:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10535940

この記事へのトラックバック

2005年クルージング履歴
Excerpt: 2005/6/18 曇  丹沢(蛭ヶ岳) <コース>上青根??八丁坂ノ頭??姫次??蛭ヶ岳(3時間)??姫次??八丁坂ノ頭??上青根(2時間30分) <標高>1672m  <歩行高低差>..
Weblog: Nature Cruise
Tracked: 2006-01-01 14:02

八ヶ岳・北杜市周辺観光、レジャーリンク集
Excerpt: リンク集です。ブログ内の記事にもリンクしています。 北杜市周辺については当ブログ...
Weblog: kahy.info
Tracked: 2007-04-24 07:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。