2008年11月26日

黒部五郎岳

<登山日>2008/8/2(土)
<天 候>くもり時々晴れ
<コース>
(1日目)
折立登山口[約1350m]〜太郎兵衛平(180分)〜北ノ俣岳(100分)〜赤木岳(30分)〜中俣乗越(60分)〜黒部五郎岳の肩(60分)〜黒部五郎岳山頂[2840m](10分)〜肩(10分)〜カール経由〜黒部五郎小舎(90分)

(2日目)鷲羽岳へ 水晶岳へ
黒部五郎小舎[約2350m]〜三俣山荘分岐(70分)〜三俣山荘(60分)〜鷲羽岳山頂[2924m](60分)〜ワリモ岳(50分)〜ワリモ北分岐(20分)〜水晶小屋(40分)〜水晶岳山頂[2986m](40分)〜水晶小屋(30分)〜ワリモ北分岐(30分)岩苔乗越(10分)〜祖母岳山頂(40分)〜雲ノ平山荘(60分)
〜薬師沢小屋[約1910m](90分)
(3日目)
薬師沢小屋〜太郎兵衛平[約2300m](130分)〜折立(120分)

<歩行高低差>
(1日目)約1490m
(2日目)約1076m
(3日目)約950m (3日間最大高低差1636m)

<歩行時間>
(1日目)9時間(黒部五郎岳山頂まで7時間20分)
(2日目)10時間(黒部五郎小舎から鷲羽岳山頂まで3時間10分)
        (鷲羽岳山頂から水晶岳山頂まで3時間30分)
(3日目)4時間10分(3日間合計23時間10分)

P8030152.jpg


黒部五郎岳は、太郎兵衛平から北ノ俣岳を経て続くなだらかで広々とした稜線の先に、巨大な圏谷を抱く飛騨山脈の山です。またの名を中ノ俣岳ともいいます。

黒部五郎岳の名の由来は、大きな岩がゴロゴロした場所を示す山の用語であるゴーロが語源となっています。(ちなみに野口五郎岳は、野口村のゴーロという訳で、歌手の野口五郎がこの山名から芸名をとったのは有名な話。)

登山ルートは、三俣蓮華方面からは、南稜を登るルート、圏谷底を詰めて山頂直下から壁面を登るルートの二通りあり、他に西側からは、飛越トンネル付近の登山口から飛越新道を登り、寺地山、北ノ俣岳、赤木岳を経て黒部五郎岳に至るルートなどがあります。


北アルプスの真髄
黒部川源流の地へ。

今回は、黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳(黒岳)の三山を2泊3日で巡る山行です。ルートは折立から北ノ俣岳を経て黒部五郎岳へ、カールを通り黒部五郎小舎から三俣山荘を経て鷲羽岳、水晶岳へ、祖父岳を経て雲の平を経由し、折立へと戻る周遊コースです。

(1日目)
初日は、黒部五郎岳を制覇し、黒部五郎小舎を目指します。
長い山行となるため、有峰林道のゲートに並んで6時の開門を待ちます。
このシーズン、折立は大勢の登山者で溢れ、登山口の駐車場には駐車できず、手前の道路沿いのスペースに停めます。

折立から太郎平小屋までのコースは、昨年の薬師岳の時にも利用しているので、時間が読めます。今回は天気も良く薬師岳もよく見えます。

太郎平小屋までの道程は、昨年の薬師岳山行もご覧ください。
2007/9/8薬師岳山行履歴へ

P8020004.jpg

P8020009.jpg
太郎平小屋への路、左手に薬師岳が顔を覗かせる。


P8020007.jpg


太郎平小屋から黒部五郎岳までは長い道程で、北ノ俣岳、赤木岳、中俣乗越とアップダウンを繰り返し、最後の黒部五郎岳の急登の頃にはクタクタになります。

太郎平小屋からは右方向、小屋の裏手方向に進み、雲ノ平へのルートを左に分け、太郎山方向にひと登りします。

P8020016.jpg
太郎山から太郎平小屋、薬師岳を望む。


しばらく太郎兵衛平の広い草原を進んだ後、北ノ俣岳への登りが始まります。

P8020018.jpg  P8020020.jpg
太郎兵衛平
広々とした草原が続く。
草原の先には北ノ俣岳への登りとなる。

P8020023.jpg


急な登りが一段落して稜線へ出ます。
この辺りからは今回の山行で目指す黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳などの峰が見渡せます。

北ノ俣岳は更にその稜線の先になります。

P8020036.jpg
北ノ俣岳

ハクサンイチゲのお花畑が広がる路を通り、北ノ俣岳に至ります。

P8020033.jpg

P8020034.jpg  P8020038.jpg
  

北ノ俣岳山頂からはゆるやかな路が続きます。

P8020043.jpg
北ノ俣山頂付近

P8020044.jpg

赤木岳を通過し、一端下り、再び中俣乗越へと登り返していきます。

P8020052.jpg
赤木岳付近より目指す黒部五郎岳も
次第に近づいて来る。

P8020053.jpg
中俣乗越へと路は続く。

P8020058.jpg


中俣乗越からはいよいよ黒部五郎岳が眼前に迫ってきます。
少し下って、山頂へのきついジグザグのガラ場をガマンの登りです。
終わらない登りはないと信じて。

P8020056.jpg
中俣乗越からの黒部五郎岳

黒部五郎岳の肩に出ると山頂まではあと僅か。

P8020074.jpg
黒部五郎岳の肩
山頂まではもうひと踏ん張りだ。

P8020065.jpg
黒部五郎岳山頂を見上げる。

P8020064.jpg
最後のひと登り。
山頂付近より肩を振り返る。

P8020072.jpg

P8020067.jpg  P8020068.jpg
黒部五郎岳山頂

P8020069.jpg  P8020070.jpg
(左)南稜方面を望む。
(右)山頂より断崖絶壁の圏谷底を覗き込む。


肩に戻ると、ひとりの登山者に出合い、一言二言会話を交わします。その人も今日黒部五郎小舎に泊まるとのこと。

山頂とは反対方向に少し歩くと右側にカール底に下る路があります。

急なザレた路を下り、無数の巨岩が転がり、残雪の中を清流が流れる美しい圏谷へと降立ちます。本日最大の見所です。

P8020075.jpg

P8020083.jpg

P8020079.jpg

P8020084.jpg


ゴロゴロした岩が転がる沢沿いを下って行くと、やがて樹林帯の中へと導かれていきます。

P8020096.jpg

そして、赤い三角屋根の黒部五郎小舎が見えてきます。
本日の宿泊場所です。
既に大勢の登山者で賑わっています。

一畳に二人の混み様です。

P8020101.jpg

2日目 鷲羽岳へ 水晶岳へ

北アルプス 黒部川源流の高山植物


banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 07:45| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。