2008年11月30日

鷲羽岳

<登山日>2008/8/3(日)
<天 候>くもり後晴れ
<コース>
(1日目)黒部五郎岳へ
折立登山口[約1350m]〜太郎兵衛平(180分)〜北ノ俣岳(100分)〜赤木岳(30分)〜中俣乗越(60分)黒部五郎岳の肩(60分)〜黒部五郎岳山頂[2840m](10分)〜肩(10分)〜カール経由〜黒部五郎小舎(90分)
(2日目)
黒部五郎小舎[約2350m]〜三俣山荘分岐(70分)〜三俣山荘(60分)〜鷲羽岳山頂[2924m](60分)〜ワリモ岳(50分)〜ワリモ北分岐(20分)
〜水晶小屋(40分)〜水晶岳山頂[2986m](40分)〜水晶小屋(30分)〜ワリモ北分岐(30分)岩苔乗越(10分)〜祖母岳山頂(40分)〜雲ノ平山荘(60分)
〜薬師沢小屋[約1910m](90分)
(3日目)
薬師沢小屋〜太郎兵衛平[約2300m](130分)〜折立(120分)

<歩行高低差>
(1日目)約1490m
(2日目)約1076m
(3日目)約950m (3日間最大高低差1636m)

<歩行時間>
(1日目)9時間(黒部五郎岳山頂まで7時間20分)
(2日目)10時間(黒部五郎小舎から鷲羽岳山頂まで3時間10分)
            (鷲羽岳山頂から水晶岳山頂まで3時間30分)
(3日目)4時間10分(3日間合計23時間10分)

P8030193.jpg


鷲羽岳は北アルプスのほぼ中央部、黒部川の源流に位置し、裏銀座縦走路上にある山です。その山容が鷲の羽を広げた姿に似ていることが山名の由来。
山頂南東斜面には鷲羽池と呼ばれる小さな火口湖があります。


(2日目)
黒部五郎岳の肩で挨拶を交わしたおじさんは、話好きの感じのいい人で、九州から来たことや年に何度かツアーで遠征することや明日は高天原温泉に行くことやら話は尽きませんでした。

黒部五郎小舎はスシ詰め状態で、決して快適とは言えなかったが、食事は山小屋とは思えない豪勢なものでした。

本日の行程も長いので、早朝まだ薄暗い内に朝食も取らずに小屋を飛び出します。

ここから三俣山荘を経て、鷲羽岳、そして水晶小屋、水晶岳と二つの百名山を制覇し、祖母岳を経由して、雲ノ平山荘か時間があれば薬師沢小屋まで戻る予定です。

黒部五郎小舎の裏手にある樹林帯の中の急坂を上がっていきます。なだらかな巻路も用意されていますが、迷わず岩の多い急登を選びます。

P8030104.jpg

やがて森林限界に出、振り返ると朝日を浴び始めた黒部五郎岳のカールが見えてきます。

P8030105.jpg
黒部五郎岳


神秘的な朝靄の中をしばらく上ると、平坦な広場に出ます。右方向に平坦な路を進みます。

P8030106.jpg

三俣蓮華岳から山壁が連なる先に一際目立たつのが笠ヶ岳の三角屋根です。

P8030110.jpg
笠ヶ岳


P8030109.jpg
前方には三俣蓮華岳

三俣蓮華岳のカール沿いの尾根を歩き、やがて山頂に向う路を右に分け、山頂を巻く三俣山荘への路を進みます。

P8030115.jpg

三俣蓮華岳の山腹を横切る平坦な路が続きます。カールの中には幾重にも沢が横切り、ハクサンイチゲなどの高山植物が咲き乱れています。
なんとも楽しい路なのです。

P8030117.jpg


やがて上りに転じ、涸れた沢のような大きな岩が積み重なる路を上がっていきます。

P8030125.jpg

上がりきると目指す鷲羽岳が姿を現します。

雪渓を横切り、テント場を通り抜けて三俣山荘に到着します。
ここで今朝小屋で用意してもらった弁当を食べながら一休みします。
三俣蓮華岳と鷲羽岳に挟まれた気持ちのいい場所です。

P8030128.jpg

P8030131.jpg
三俣蓮華岳

P8030132.jpg
三俣山荘

P8030134.jpg
三俣山荘から見る鷲羽岳



見の前に迫った鷲羽岳、今日最初の百名山に取りかかります。
ジグザグのガレ場を登り約1時間で山頂に着きます。

P8030135.jpg
鷲羽岳山腹から望む三俣蓮華岳と三俣山荘


途中右後方に雲が棚引く槍ヶ岳を眺めながら登ります。

P8030137.jpg


山頂近くには右下方に異空間の鷲羽池を見ることが出来ます。

P8030139.jpg  P8030143.jpg
(左)登山道を振り返る。三俣蓮華岳方面
(右)鷲羽池

いよいよ山頂が近づいてきます。

P8030145.jpg

P8030148.jpg  P8030149.jpg
鷲羽岳山頂

山頂は365度何も遮るのがない大展望が開けます。
北アルプスの山々が広がります。
昨日登った黒部五郎岳やこれから向う水晶岳も。

P8030147.jpg
遠くに笠ヶ岳を望む。

P8030150.jpg
裏銀座縦走路の山並みが美しい。
左にはこれから目指す水晶岳が見える。


山頂でこれだけの好天に恵まれたのはいつ以来だろうか。
久々の眺望に満足し、ワリモ岳方向に下ります。

P8030154.jpg
ワリモ岳に続く痩せ尾根。

ガレ場をひとしきり下ると、ワリモ岳への登りにさしかかります。
この辺りになるとにわかに高山植物が多くなります。

P8030159.jpg

P8030162.jpg  P8030161.jpg

P8030167.jpg
ワリモ岳山腹から望む鷲羽岳

P8030168.jpg
ワリモ岳の道標


ワリモ岳を越え、再び下ると水晶岳への路と祖父岳への路との分岐、ワリモ北分岐に出ます。

P8030171.jpg
ワリモ北分岐

今日はもうひとつの百名山、水晶岳に向います。

水晶岳へ

北アルプス 黒部川源流の高山植物


banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 09:41| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109314782

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。