2009年02月27日

八ヶ岳A(天狗岳)

<登山日>2009/2/7(土)-8(日)
<天 候>
(1日目)晴れ後くもり
(2日目)雪後晴れ
<コース>
(1日目)渋の湯[約1850m]〜黒百合ヒュッテ[約2400m](120分)
(2日目)黒百合ヒュッテ〜東天狗岳[2640m](90分)〜黒百合ヒュッテ〜渋の湯(100分)
<歩行高低差>
(1日目)約550m
(2日目)約790m
<歩行時間>
(1日目)2時間
(2日目)3時間10分

Pc130013.jpg
(2008/12/13撮影)


八ヶ岳は、長野県と山梨県にまたがり、南北30km余りの大火山群の山塊の総称です。八ヶ岳と名付けられた山はありません。

夏沢峠を境界として、北八ヶ岳と南八ヶ岳に分けられ、北八ヶ岳の方は比較的なだらかな山容で、天狗岳 (2,646m)、茶臼山 (2,384m)、縞枯山(2,403m)、北横岳 (2,480m)で構成され、、それに対して南八ヶ岳は、主峰の赤岳 (2,899m)をはじめ、権現岳 (2,715m) 、中岳 (2,700m)、阿弥陀岳 (2,805m)、横岳 (2,829m)、硫黄岳 (2,760m)などの鋭い岩峰群となっていいます。

本州では、北岳、白馬岳とともに高山植物の三大宝庫として知られています。


北八ヶ岳の主峰、冬の天狗岳を舞う。
今回は、天狗岳での雪山登山教室に参加してきました。
1日目は黒百合ヒュッテまで登り、ヒュッテ前の斜面での雪上訓練、2日目に天狗岳に登り、天候が良ければ西天狗を越え、ラッセルでの下山というものです。

当日は茅野駅に集合し、渋の湯まで車で移動し、黒百合ヒュッテを目指します。総勢で10名、隊列を組んで登ります。途中唐沢鉱泉からの路と合流し、2回ほど休憩を挟み、約2時間でヒュッテに到着します。

P2080003-1.jpg  P2080009-1.jpg
標高約2400mに位地する黒百合ヒュッテ


ヒュッテで昼食をとり、いよいよ雪上訓練。
この雪上訓練(セックン)なるものに一度参加してみたいと思っていたため、興味しんしんでヒュッテ前の斜面へと向います。

セックンでは、アイゼンワーク、ピッケルの使い方、耐風姿勢、そして滑落停止などを体験します。

まずは斜面での上り、下り、トラバースでのアイゼンワーク。
フラットフィッティングから斜面が急になるに従い、カニ足での上り、フロントポイント+フラットフィッティング、キックステップを実践します。

トラバースでのピッケルの使い方、アイゼンワーク、方向転換の方法などを教わります。

また、雪崩が発生した場合の斜面を横切って走り抜けるという練習もします。これはイチカバチカだとのことですが、斜面を以外に速く走れるものだと実感します。

それから耐風姿勢と耐風姿勢をとりながらの歩行練習もします。

P2080008-1.jpg


そして最後に、セックンの花形、滑落停止です。
仰向けに足から滑り出すパターン、うつ伏せで頭から滑り出すパターン、仰向けで頭から滑り出すパターンとそれぞれを練習します。

安全な斜面での滑落停止の練習は楽しいものですが、実践では、アイスバーンなどの急斜面で滑落したら、まず止まらないとのこと。人は滑落すると、毬のように雪面を跳ねて落ちていくそうです。大切なのは転倒したら滑り出す前にすぐにピッケルを雪面に突き刺し、滑りを止めることだそうです。そのためには常に右手でピックを前にして握り、歩行することが必要なのです。

1時間半程度のセックンでしたが、雪上での基本技術を学ぶことができました。

夜にはベテランの方々の登山の話や道具の扱い方、食事の後の講話なども聞くことができ、とても参考になりました。

P2080007-1.jpg



翌日は朝から雪が舞い、天候がすぐれず、出発がおくれましたが、一行は天狗岳を目指します。

中山峠を右に折れ、樹林帯の緩斜面、やがて森林限界の雪原を歩き、急斜面の上りへと変化し、雪が舞う中、黙々と着いて行きます。昨日のセックンで教わったことを意識しながらの歩行します。

下山してくる人は、風雪でまつげや髭を真っ白に凍らせて降りてきます。

やがて岩場となり、雪の付いていない岩場は少し歩き難いところもありましたが、なんとか東天狗岳頂上に到着します。

相変わらずの天候で、視界はなく、山頂で集合写真を撮り、黒百合ヒュッテに引き返すことに。

下りの途中で、一瞬雲が切れ、視界が開け美しい雪景色を垣間見る事ができました。

ヒュッテで休憩後、一路渋の湯へと下山しました。

P2080006-1.jpg



今回は雪山教室で基本的な登山技術を学ぶことができましたが、それだけでけではなく、登山のベテランの方々の豊かな経験と知識、装備や裏ワザ、登山への心構えなども感じることができ、また何と言っても入門者を受入れる優しさや心遣いに感謝しております。

今後の自分の登山への向き合い方を考えさせられる山旅となりました。


八ヶ岳@登頂履歴へ

P2080011-1.jpg
原村から望む八ヶ岳連峰
(2009/2/8撮影) 
 

banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 07:47| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。