2009年06月30日

岩木山

<登山日>2009/6/20(土)
<天 候>くもり時々晴れ
<コース>
百沢スキー場[約320m]〜姥石(60分)〜焼止りヒュッテ(40分)〜種蒔苗代(90分)〜岩木山山頂[1625m](30分)〜種蒔苗代(20分)〜焼止りヒュッテ(30分)〜姥石(30分)〜百沢スキー場(30分)
<標高>1625m
<歩行高低差>約1305m
<歩行時間>5時間30分(山頂まで3時間40分)

P6200067.jpg


岩木山は、青森県の津軽平野の南西部にある円錐形の成層火山です。山容が富士山に似ているところから津軽富士とも呼ばれています。青森県の最高峰。

山麓には岩木山神社があり、毎年8月1日に行なわれる国の重要無形民俗文化財にも指定される例大祭「お山参詣」は、農作を祈願し深夜に山頂登拝し御来光を拝むというものです。山頂には岩木山神社奥宮があります。

岩木山の特産種であるミチノクコザクラが有名。


偶然出くわした秘密の花園

大沢の雪渓を上がっていくと、終盤で二俣に分かれる場所があります。右に上がると笹薮で行止まり、ルートの正解は左方向の雪渓を上がっていかなくてはいけません。

ところが、前方を歩く登山者が右方向に上がり、雪渓を離れ、笹薮をかき分けて行くので、同じように着いていきます。

笹薮をよじ登ると、そこは笹原が途切れた裸地になっています。そのまま登れそうもないので、結局また雪渓に戻ったのですが、そこは沢が流れ、ミチノクコザクラなどが群生するお花畑となっています。

P6200034.jpg

P6200040.jpg

P6200036.jpg  P6200043.jpg


種蒔苗代が一般的なミチノクコザクラのポイントですが、今回は少し時期が遅く、種蒔苗代周辺のミチノクコザクラは終盤を迎えている様子。でもここの花は蕾も多く、今まさに旬な感じで人知れず咲いているのです。

ルートは外れたものの、偶然にも出くわした秘密の花園に感激です。

P6200051.jpg
ミチノクコザクラはハクサンコザクラの変種で、
ハクサンコザクラより少し大きめ。
岩木山の固有種で、別名イワキコザクラ。
岩木山 ミチノクコザクラ



百沢コース
岩木山では、8合目まで有料自動車道の津軽岩木スカイラインが通じており、されに9合目の鳥海山までは夏リフトを利用すれば、そこから歩いて40分ほどで山頂をGETできます。ちなみに、スカイラインの営業時間は、4月11日〜11月3日のAM8:00〜PM5:00(最終入場時間PM4:20)です。

山麓からの登山は、鰺ヶ沢、赤倉、百沢、嶽などの登山道があり、どの登山道も古くから使用されていますが、百沢コースは岩木山神社を経るため、お山参詣では一番多く利用されているコースです。

登山コースは岩木山神社から始まりますが、今回はショートカットし、百沢スキー場からスタートします。

P6200125.jpg
百沢スキー場から望む岩木山

前方に岩木山の頂きを仰ぎながら、スキー場の砂利道に入り、「登山道」の標識に従い、左方向の樹林帯へと入っていきます。

P6200002.jpg  P6200004.jpg
登山口

木々が覆い被さるように生茂っていて、山道が狭く感じます。

鼻こぐり、七曲りと過ぎ、姥石で一休み。

P6200005.jpg  P6200124.jpg
鼻こぐりと七曲りの道標

P6200006.jpg
姥石

姥石から先も登山道は展望は無く続きます。

沢を渡り、平らな道になると、焼止り避難小屋に出ます。

P6200025.jpg  P6200026.jpg
焼止りヒュッテ

小屋を過ぎると、左から流れる沢にぶつかり、沢を遡るように登山道が続きます。

この時期ここから先は、沢には豊富に雪が残り、雪渓歩きとなります。
沢(雪渓)は右へ左へ蛇行し、その後は一直線に急登していきます。

P6200029.jpg  P6200031.jpg

ところどころ雪が解け沢が見えているところを遠巻きにし、雪渓を上がっていきます。

P6200033.jpg
雪渓は特に下山はアイゼンが必要なほどの急勾配となります。

長い雪渓を最後まで上がりきると、路の傾斜も緩み、岩の路となり、小池のある種蒔苗代に出ます。池の周辺はミチノクコザクラが群生しています。

P6200059.jpg  P6200060.jpg
雪渓が途絶えると、種蒔苗代も近い。

P6200111.jpg  P6200066.jpg
小池のある種蒔苗代
本コースのハイライトです。

P6200114.jpg  P6200118.jpg

P6200108.jpg
池を上から見るとこんな感じです。

池の左の淵を通り抜け、急坂を上がると、鳳鳴ヒュッテ(避難小屋)があります。ここがリフト乗場からの路の合流点です。

P6200071.jpg
鳳鳴ヒュッテと山頂方向

P6200073.jpg
山頂とは反対側にはこんな巨大な奇岩が。

P6200103.jpg
断崖絶壁の鳥ノ海噴火口を垣間見る事が出来ます。

ここから岩場の急坂を登り、岩木山山頂へと至ります。

P6200074.jpg  P6200101.jpg
岩木山への登り路では足の踏み場に困るほどに一面にミヤマキンバイが咲き誇っています。

P6200081.jpg
鳳鳴ヒュッテを見下ろす。

P6200084.jpg
急登が一段落したところからは
いよいよ山頂が見えてきます。
あとひと登りです。

P6200086.jpg  P6200091.jpg

P6200090.jpg
岩木山山頂

P6200092.jpg
山頂にある岩木山神社奥宮

山頂部は、岩木山・鳥海山・厳鬼山(岩鬼山)の3つの峰で形成されています。

P6200098.jpg
岩木山への登山道と鳥海山方向を望む。
右下方には8合目の駐車場が見えます。

山頂からは360度パノラマですが、この日は全体に薄曇りで遠方まで展望が利きません。

往路を種蒔苗代まで戻り、ミチノクコザクラの咲く池の辺で昼食をとり、下山しました。

P6200061.jpg


ここのところ山頂まで6、7時間という山が多かったせいか、今回は多少物足りなささえ感じさせる岩木山なのでした。


P8120004.jpg
山麓から望む岩木山(2006/8/12撮影)
3年前、岩木山を目前に豪雨のため登山
を断念した記憶が蘇ります。


百名山制覇まであと 11座


banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 07:48| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんちゃって百名山 様

はじめてご連絡させていただきます。
私、潟Oリーンデザートの谷口と申します。
本日はお願いがございまして、連絡させていただきました。

現在、300名山の記事を書いているのですが、その中で鳳鳴ヒュッテと焼止りヒュッテ
画像を探しておりましたところ、なんちゃって百名山 様のHPにたどりつきまして
ご連絡さしあげたのですが、勝手なお願いで申し訳ないのですがアップされてます
鳳鳴ヒュッテと焼止りヒュッテの画像を使わせていただけないでしょうか。

お忙しいところ申し訳ないですが、何卒ご検討のほどよろしくお願い致します。


*************************************
株式会社 グリーンデザート
谷口  卓正
〒674-0067
兵庫県明石市大久保町大久保町13-1 KM ビル 4F
Tel 078-937-3323(代)Fax 078-937-3325
会社HP:http://www.greendesert.co.jp
総合サイト:http://www.greendesert.jp
*************************************
Posted by 谷口 卓正 at 2010年03月04日 17:03
「種蒔苗代」 の読み方はなんと読むのでしょうか。
Posted by 酒井 at 2012年01月10日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。