2009年07月29日

利尻岳

<登山日>2009/7/12(日)
<天 候>晴
<コース>
利尻北麓野営場[約210m]〜4合目(30分)〜5合目(30分)〜6合目(20分)〜7合目(30分)〜8合目(40分)〜9合目(40分)〜利尻岳山頂北峰
[1719m](60分)〜9合目(40分)〜8合目(30分)〜7合目(20分)〜6合目(20分)〜5合目(10分)〜4合目(20分)〜登山口(30分)
<標高>1719m
<歩行高低差>約1509m
<歩行時間>7時間(山頂まで4時間10分)

P7120083.jpg


利尻岳は、北海道北部、日本海に浮かぶ利尻島にある単独峰です。別名「利尻富士」とも呼ばれています。
コニーデ型の死火山で、火山活動を休止してからの期間が長いため、山頂部を中心に侵食が著しく進み、火口などの火山地形は失われています。
頂上は北峰(標高1,719m)と南峰(標高1,721m)から成り、最高峰の南峰への道は崩壊が進み危険なため、一般登山者は北峰までしか行けません。


利尻礼文サロベツ国立公園の島
絶滅危惧種の花を求めて最北の百名山へ


利尻島は、面積は約182km2で、礼文島と相対するほぼ円形の島です。
周囲68kmで、2時間もあれば車で島を一周できてしまいます。
地名の語源は、アイヌ語の「リイ・シリ(高い島)」に由来し、島全体がひとつの山のよう見えます。

利尻岳の裾野にある空港を降立つと、そこはもう高原のような気候と風景が展開しています。

島の大部分は、利尻礼文サロベツ国立公園に指定されています。
利尻礼文サロベツ国立公園は、日本最北の国立公園です。

P7110005.jpg  P7110001.jpg
オタトマリ沼
島の南側に位置するオタトマリ沼は、
日本最北限のアカエゾマツの原生林に囲まれた
周囲約1kmの沼です。
レストハウスやお土産屋さんもあります。

P7110008.jpg  P7110010.jpg
南浜湿原
オタトマリ沼から南へ2kmの場所にある利尻最大の湿原。
南浜湿原は、湿性植物の宝庫で、
静かな湿原の中は木道が整備され、
散策することができます。

P7110018.jpg

P7110019.jpg  P7110024.jpg
(左)姫沼
原生林に囲まれた静かに水をたたえる姫沼。
周囲1kmほどで、周囲には散策路が整備されています。
(右)姫沼湧水
姫沼の遊歩道沿いに湧いているが、湧水量は少ない。 

P7110025.jpg
鴛泊港にあるペシ岬


島の環境は、海岸、草原、湖沼、森林、高山といった多種多様で、高山植物ではリシリヒナゲシなどのこの島の固有種が多く見られます。

リシリヒナゲシの花はこの島のシンボルのような存在で、空港にも園芸用の花が花壇に咲き、観光客を迎えてくれます。

自然のリシリヒナゲシは、利尻岳の山頂附近にのみ自生していますが、山体の崩壊等から生育地の環境が大きく変化し、その個体数も減少していると言われています。

環境省のレッドリストにも掲載され、絶滅危惧種とされており、最近になってようやくその調査が開始されたばかりのようです。

リシリヒナゲシは8合目過ぎから、登山道の右斜面の砂礫地に自生していますが、その数も少なく、ロープの張られた急な斜面のため、なかなか真近に見ることが難しくなっています。

9合目の登山道の右斜面、ロープの向こう側に垣間見ることができます。

P7120190.jpg  P7120207.jpg

P7120213.jpg
利尻山固有植物のリシリヒナゲシ。
全体に粗毛があり、利尻岳の山頂付近のみに自生する。
環境庁RDB:絶滅危惧IB類
利尻岳の高山植物へ


その他にも利尻岳には固有種も多く、高山植物の宝庫なのです。


鴛泊コース
利尻岳への登山口は利尻町沓形、利尻富士町鴛泊の二ヶ所にあります。
今回は、、利尻北麓野営場を起点とする鴛泊コースを辿ります。往復約7-8時間のコースです。

P7110030.jpg  P7110032.jpg
利尻北麓野営場
鴛泊港から車で15分程度のところにあります。

綺麗な遊歩道が、日本名水百選にも選ばれいる甘露泉まで続いています。

P7120243.jpg

P7110026.jpg  P7120240.jpg
甘露泉

甘露泉から本格的な登山道が始まります。
すぐに二手に分かれ、右手に進み、ポン山、姫沼方面への分岐を右に分け、進みます。

P7120239.jpg
ポン山・姫沼への分岐

なだらかな登山道が続き、やがて樹林の中の4合目となります。

P7120238.jpg
4合目

次第に登山道の坂も急になり、長官山への登りとなります。
5合目では、振り返ると鴛泊港から広がる海を眼下に見ることができます。

P7120237.jpg

P7120042.jpg
5合目

P7120043.jpg
振り返ると海の向こうに礼文島が浮かんでいます。
百名山でこんな風景に出会えるのはここ位のものです。

植生の変化を短時間に感じることができます。エゾマツ・トドマツ林から、ダケカンバの林、笹原を経て、一気にハイマツへと変化していきます。植生垂直分布のミニチュア版です。

P7120046.jpg

P7120053.jpg
6合目

6号目からは、ハイマツの林を抜け、長官山を目指し登ります。

7号目を過ぎ、登山道に岩が目立つようになると、見晴台に出ます。

P7120229.jpg
7合目

P7120077.jpg  P7120078.jpg
一休みしたくなる眺めのいい岩場です。

ひと登りすると8合目に当たる長官山の辿りつきます。
ここで初めて、緑に覆われた端正な利尻岳の姿を望むことができます。

P7120086.jpg  P7120082.jpg  
8合目

尾根を通り、ピークを過ぎると、避難小屋へと一端下ります。

P7120092.jpg  P7120095.jpg
利尻岳山小屋

避難小屋を過ぎると、利尻岳本山への本格的な登りとなります。

この辺りから、たくさんの高山植物をたたえた登山道が続いていきます。

やがて広いガレ場の9合目となります。

P7120111.jpg
9合目

ここから更に急登となり、歩き難い火山礫地の路を進み、沓形コースを合わせると、ロープに捉まりながらの登りとなります。

P7120124.jpg  P7120134.jpg
(左)ボタンキンバイが群生する斜面
(右)沓型コースへの分岐手前 右側が崩落しています。

P7120137.jpg  P7120186.jpg
沓型コースへの分岐

登山道の侵食が進み、路が崩れそうな場所を通過します。
近年の登山客の急増に登山道が耐えきれず、場所によっては登山道が4-5mもえぐられています。

P7120139.jpg  P7120141.jpg
砂礫がグズグズに崩れそうな急斜面
ロープが補助します。

P7120144.jpg
深くえぐられた登山道

左斜面にはボタンキンバイが群生し、山肌を黄色に染めています。
山頂附近では、リシリヒナゲシ、リシリリンドウ、リシリオウギやリシリゲンゲなどを固有種オンパレードの歓迎を受けます。

山頂(北峰)には、祠があり、狭い頂上からは尾根伝いに南峰への路が続きますが、ロープが張られ通行禁止となっています。山頂からは鋭いローソク岩がそそり立って意いるのが見えます。

P7120156.jpg
利尻岳山頂

P7120167.jpg  P7120166.jpg

P7120173.jpg
北峰より南峰を望む。

            P7120174.jpg
            ローソク岩


山頂からは往路を戻ります。


利尻岳は、たくさんのお花に出会える高山植物の楽園なのです。

P7120225.jpg

P7120054.jpg

P7120088.jpg  P7120103.jpg

P7120104.jpg  P7120121.jpg

P7120147.jpg  P7120150.jpg

P7120159.jpg  P7120160.jpg

P7120200.jpg
花の名山 利尻岳の高山植物はこちらでご紹介しています。



久しぶりに天候にも恵まれ、リシリヒナゲシ、リシリオウギ、リシリゲンゲ、リシリリンドウなど利尻固有の花にも出会うことができ、大満足の利尻岳なのでした。
一泊二日の強行軍でしたが、充実の山旅(島旅?)でした。


百名山登覇まであと 9座


利尻富士温泉へ<


banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 07:49| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123503265

この記事へのトラックバック

利尻岳 リシリヒナゲシ
Excerpt:   【リシリヒナゲシ】ケシ科 利尻岳の特産種 九合目付近の赤茶けた礫地に生えています。 草丈は10〜20cm 花期は7〜8月上旬
Weblog: Nature Cruise
Tracked: 2009-11-07 16:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。