2009年09月16日

一ノ木温泉「いいでのゆ」

一ノ木温泉「いいでのゆ」は、飯豊山登山口の川入に向かう一ノ戸川沿い、一ノ木集落のはずれにある山都町営の温泉保養センターです。ふるさと創生事業として掘削し、平成3年に自噴した温泉です。宿泊も可能。

<温泉紹介>
■温泉名
一ノ木温泉(いちのきおんせん)
■泉質
ナトリウム塩化物・硫酸塩温泉
■温泉適応症
創傷・神経痛・慢性皮膚病など。
■温泉の色
無色透明(源泉は茶褐色)
■源泉温度
60.9度
■特徴
飯豊山の山麓、一ノ木集落にある温泉。

<施設紹介>
■施設名
温泉保養センター「いいでのゆ」
■所在地
福島県喜多方市山都町一ノ木字越戸乙3876−4
■浴場
男女別内湯・露天風呂
■特徴
山都町営の温泉保養施設。

P7200289.jpg  P7200291.jpg

山都町観光協会ホーム 温泉保養センター「いいでのゆ」


飯豊連峰周辺には、飯豊温泉や飯豊鉱泉などの温泉が有名ですが、そんな中でも一ノ木温泉は比較的新しい温泉施設です。

飯豊山の登山口、川入に向かう道を一ノ戸川に沿って13kmほどで「いいでのゆ」に着きます。

お湯は1300mの地下より汲み上げしています。

施設内には、浴室、食堂、売店、休憩室のほか宿泊施設もあります。

浴場の内湯は、無色透明の循環過熱・加水した浴槽と右側の源泉浴槽の2つあり、源泉浴は、茶褐色でとても熱いお湯が掛け流しになっています。
お湯の色からしていかにも体に効きそうな感じです、

露天風呂は「青空星空風呂」と名付けられ、岩造りのもの。こちらの湯も循環したもので透明なお湯です。

眺めはよくありませんが、落ち付いた感じの露天風呂で、夏場では足だけ浸かっているだけで、清々しい心地よさを感じます。

大雨に降られた飯豊山山行でしたが、前日と登山後の2回このお湯にお世話になり、疲れた体を癒したのでした。

P7200292.jpg



banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 07:36| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 出で湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。