2009年10月04日

穂高岳 Part2

第 一 章

(徳沢〜パノラマ新道〜涸沢)


横尾経由が涸沢へのメインルートですが、登山のコースガイドなどではこのパノラマ新道はやや上級者向けのサブコースとして紹介されています。

屏風のコルを経由するルートで、穂高連峰を一望できることで知られています。(ここからの涸沢のカールの景色が一番美しいと言われています。)

地図上では、横尾経由より近道に見えたりしますが、路も狭く急登が続き、
ロープが架かるやせた山服の路など険しいコースで、1時間位は余計に掛かると思います。上高地バスターミナルから涸沢まで、6〜7時間ほど。

夏の初めは雪渓が残り、通行不可のときもあるようです。

このコースは、特に涸沢からの下山ルートとして紹介されることが多く、山行記録などを見てもほとんどが下山に使われているようです。

そこで今回は涸沢への登りに利用してみることにし、詳しくルートをご紹介したいと思います。


徳沢を過ぎ横尾方面に進むと、10分ほどで吊橋の新村橋があります。梓川に架かる人が一人やっと通れるほどの吊橋を梓川の左岸に渡ります。

橋を渡るとすぐ林道が通っているので、林道を右に進みます。

この林道は、先程の横尾に向かう路とは打って変って人気がありません。

喧騒を離れ、上高地とは思えないほどの静かな林の中を林道が通っています。

P9210014.jpg
人通りのない上高地の裏道です。

この林道は許可車両だけが通行を許されているようで、ところどころに駐車している車を見かけます。

少し林道を進むと、路は二手に分かれ、直進すると梓川の河原に出てしまいますので、左方向に少し登る路をとると、路は90度左に曲がり、奥又白谷の河原と並行して荒れた林道を進みます。

P9210015.jpg
林道は二手に分かれます。
左方向に進む。

前方に前穂高岳の北尾根の岩壁を見ながら真直ぐ進んでいくと、やがて林道は終焉し、樹林帯の中の本格的な登山道へと変わっていきます。

P9210016.jpg
前方に明神岳、前穂高を身ながら進みます。

人っ子一人いない路です。百名山に登り始めた頃は登山者が誰もいないと不安になったものですが、百座目ともなると慣れたものです。
百名山と言えども登山者を全然見かけない山も結構多いものです。

コース上ではほとんど登山者に会わなくても、山頂では結構大勢の人で賑わっている山もありますが、コース上でも山頂でも人のいない山もあります。
季節や天候にもよりますが、平ヶ岳、光岳、荒島岳、祖母山などは特に人が少なかったようです。中でも5月のゴールデンウィークに登った武尊山では、登山者を2人しか見かけなかったというのが最高(最低?)かもしれません。

進んでいくうちに林の中に立つ慰霊碑の一角が右手にあります。

P9210017.jpg
慰霊碑ケルン

やがて林が切れて明るい草原に出ていきます。

P9210018.jpg

大きな石がごろごろし始めると、河原のような路になり、前方に上部からルンゼが落ちているのが見え、奥又白池へ向かう中畠新道との分岐となります。

P9210019.jpg  P9210020.jpg
(左)中畠新道との分岐 前方のルンゼが奥又白池へ
  の路です。
(右)涸沢へは右手の林へ入っていきます。

分岐で大岩に赤ペンキで「涸沢」の矢印を目印に右手方向に上がると、再び広い奥又白谷の河原に出ますので、河原を横切り、再び樹林帯の中を進むようになります。

大岩を踏み鳴らしながら、緩やかな路をしばらく進みます。

大岩を歩くと言えば、開門岳の上部にもこんな大岩をピョンピョン飛び歩くところがありました。眼下に海を見下ろしながら登る百名山は唯一開門岳だけです。

優しい潮風と眼下に白波を感じながら登って行きます。

やがて尾根に取り付き急坂を登るようになります。
この辺りが慶応尾根でしょうか。

下山者がちらほら見られるようになります。

この辺りの風景は、北岳の草すべりやトムラウシのコマドリ沢などを思い出させます。

P9210024.jpg

ひとしきり登り、木の梯子を上がり、慶応尾根の鼻を過ぎると、前方に山服をトラバースして行く路が屏風のコルへと続いているのがわかります。

  P9210025.jpg  P9210030.jpg

一旦下り、上部がルンゼ状のガレ沢を横切り、お花畑(今は咲いていません。)の中を屏風のコルへとジグザグに登って行きます。

P9210031.jpg  P9210034.jpg
(左)こんなところを横切る。
(右)屏風のコルへの急登が続く。

P9210036.jpg
前方に屏風のコルの岩壁を見ながら進む。

P9210029.jpg
屏風のコルのほうに架かる鮮やかな飛行機雲。
雲一つない快晴の青い空に飛行機雲の白が映えます。
飛行機雲が見られるときは翌日は雨が降ると言われて
いるので、何となくいやな兆候です。

山でこんなによく晴れているのは久しぶりかもしれません。
今年の夏は本当に雨が多く、スッキリした天気には恵まれませんでした。

思えば百名山に登った内7割がたは雨か曇りだったような気がします。

そんな中でも、よく晴れた山は数えるほどで、記憶にあるのは焼岳とか谷川岳だったかもしれません。

路の砂の白さが際立ってくると、屏風のコルが近い印です。

P9210038.jpg

こんな白い砂を見ると、空木岳の稜線を思い出します。
砂浜のような白い砂と大きな奇岩が印象的でした。

屏風のコルには既にいくつかのザックが置き去りになっていて、皆さん屏風の耳を往復中のようです。

私もザックを置いてカメラだけを持参して、ちょういと登ってみます。

P9210039.jpg  P9210066.jpg
屏風のコル
(右)屏風ノ耳への登り路

10分も登るとハイマツの森林限界に飛び出し、涸沢のカールや穂高連峰から槍ヶ岳まで一望できる素晴らしい景色を目の当たりにします。

P9210046.jpg
ハイマツ帯には大岩がゴロゴロしています。

P9210048.jpg
左から前穂〜吊尾根〜奥穂、涸沢岳

P9210054.jpg  P9210049.jpg
(左)涸沢カール
(右)涸沢岳〜北穂高岳

P9210057.jpg  P9210052.jpg
(左)大キレット
(右)95座目に登った槍ヶ岳

カールを囲むように前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、大キレットと続く、岩の大伽藍が展開しています。

P9210067.jpg
屏風ノ耳
屏風ノ耳というと人間の耳の形を想像してしまいますが、
山で耳というときはたいていの場合
猫の耳を想像するといいかもしれません。


しばし見惚れてしまいます。

まだ先は長いので、屏風のコルへと引き返し、先を急ぎます。

どことなく高妻山や朝日岳への路を彷彿とさせる、やせた尾根路を通り、
少し登ると、後は下り路になります。

P9210071.jpg  P9210072.jpg

ロープが張られた箇所をいくつか通り、涸沢へと下って行きます。

P9210075.jpg  P9210076.jpg
岩壁に沿って狭い路がきられています。

急な路を下って行くと、やがてミニュチュアのようなカラフルなテントが広がる涸沢が近づき、涸沢ヒュッテの赤い屋根が見えてきます。

「どうして来たんだ?」
そんな言葉が頭を過ぎります。

P9210084.jpg  P9210087.jpg

P9210080.jpg
右後方には今年のGWに登った常念山脈も見えてきます。

下りの傾斜が緩むと、横尾からのルートと合流し涸沢ヒュッテに到着です。

P9210081.jpg
右手下方には谷筋を横谷から登り路が上ってきています。

P9210091.jpg  P9210095.jpg
涸沢ヒュッテ裏の横尾からの合流点


P9210090.jpg
涸沢からパノラマ新道に入るとすぐに
熟練者通行可能を強調する看板が・・・。

この看板を見て涸沢から登ってくるので、すれ違う登山者に何度も「この先大変ですか。」とか「我々でも大丈夫ですか。」などと尋ねられます。

このパノラマ新道は、屏風のコルから涸沢までの路が少し危険な箇所はあるものの、上級者向きというほどのややこしい難所はありません。(あくまでもこの季節の話ですが。)これを上級者と言ってしまうと、高妻山や妙高山、武尊山なども上級者向けの山の部類に入ることになってしまいます。


穂高岳 Part3へつづく
日本百名山100座達成記念山行記録
穂高岳 Part1へ


P9210097.jpg

P9210069.jpg



banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 09:47| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。