2010年02月04日

八ヶ岳・赤岳(積雪期)

<登山日>2010/1/23(土)-24(日)
<天 候>晴れ
<コース>
(1日目)
赤岳山荘[約1700m]〜(120分)赤岳鉱泉[2210m]
(2日目)
赤岳鉱泉〜(50分)行者小屋〜地蔵尾根(90分)赤岳展望荘〜(30分)赤岳山頂[2899m]〜文三郎尾根(60分)行者小屋〜(30分)赤岳鉱泉〜(70分)赤岳山荘
<標高>2899m
<歩行高低差>約1199m
<歩行時間>(1日目)2時間(2日目)5時間30分(山頂まで2時間50分)

P1240008.jpg


八ヶ岳連峰は、赤岳を最高峰に、南北約20kmにわたって続く山塊で、夏沢鉱泉と本沢温泉を結ぶ夏沢峠を境界として、北八ヶ岳と南八ヶ岳に分けられます。

北八ヶ岳は、比較的なだらかな峰が多く、湖沼も点在し、南八ヶ岳は、主峰の赤岳をはじめ、横岳・硫黄岳・阿弥陀岳などの鋭い峰々で、横岳西面の大同心・小同心に代表される岩峰群では、日本有数のロック・クライミングの岩場があることでも知られています。また冬場は氷瀑のアイス・クライミングでも知られています。

これら一帯は、八ヶ岳中信高原国定公園に指定され、多くの温泉を有し、高山植物も豊富なことで知られています。


2度目の赤岳登頂は積雪期には珍しい
無風快晴グッドコンデション


赤岳には一度は積雪期に登りたいと思っていましたが、単独ではちょっと不安でしたので、雪山講習に参加して、ガイドさんと登りました。

初日は赤岳鉱泉まで登り、雪上訓練を行い、2日目に地蔵尾根から赤岳登頂を果しました。

この時期では珍しい無風快晴の休日。
快適な登山と素晴らしい展望を満喫することが出来ました。

八ヶ岳 赤岳登頂の様子はこちらにUPしています。

P1240005.jpg
地蔵ノ頭の雪稜から横岳方面を望む。

P1240022.jpg  P1240023.jpg
赤岳山頂
晴れた日には、山頂からは日本アルプスをはじめ、富士山、浅間山など中央日本の高山が大観できます。

P1240018.jpg
山頂からは阿弥陀岳も下方に見える。

P1240024.jpg
中山乗越から望む大同心。



banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 08:16| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。