2006年07月02日

奥白根山(日光白根山)

<登山日>2006/6/29(木)
<天 候>晴時々曇
<行 程>菅沼茶屋[1720m]〜弥陀ヶ池(80分)〜奥白根山山頂[2578m](60分)〜五色沼避難小屋(30分)〜五色沼(10分)〜弥陀ヶ池(30分)〜菅沼茶屋(45分)
<高低差> 約858m
<歩行時間>4時間15分

P6290218.jpg

日光連山の最高峰

梅雨の合間をねらい奥白根山に行って来ました。
天候に恵まれ、平日で登山者も少なく、気持ちのいい山登りを楽しむことができました。東京は猛暑のようでしたが、こちらは小春日和といった感じでした。

奥白根山は、日光連山の最高峰で、奥白根山以北にはこれ以上の標高の山がないことでも知られています。

菅沼茶屋から登り、1時間半くらいで弥陀ヶ池に到着します。ここまで来てはじめて奥白根山の山容が姿を現します。
弥陀ヶ池の西側の座禅山の斜面には、シラネアオイをみることができました。電気柵の囲まれたシラネアオイの姿には、地元の人の復元の努力の跡が伺えます。

シラネアオイの絶滅危惧および復元活動については、こちらに詳細をアップしています。シカの食害による絶滅危惧 シラネアオイ

P6290264.jpg

弥陀ヶ池のほとりの木道を進み、五色沼への道を左に見ながら奥白根山山頂を目指します。
P6290224.jpg

P6290226.jpg
途中にはまだ雪が残る道も。

弥陀ヶ池からは、ガレ場の急坂が続き、本格的登山のはじまりです。
P6290228.jpg

振り返ると遥か下に弥陀ヶ池、その向こうに菅沼、丸沼が展開します。
P6290233.jpg

弥陀ヶ池より約1時間くらいで奥白根山頂に到着。
山頂そのものは狭いが、周辺は広々としている。遠くは霞がかかり見通しはよくなかったが、男体山や中禅寺湖を臨むことが出来ました。
P6290235.jpg

P6290239.jpg
前白根山、五色山に囲まれた五色沼

山頂から前白根方面に下り、五色沼避難小屋をを経て、五色沼にでます。
エメラルドグリーンの五色沼から見る奥白根山の様相は、弥陀ヶ池から見るそれとまた違ってごつごつとした岩肌を見せていました。

P6290249.jpg
五色沼

五色沼から、五色山との分岐を左に折れ、少し登り坂を進み、弥陀ヶ池に戻り、来た道を菅沼茶屋を目指し下山しました。

帰り道、座禅温泉によりましたが、温泉については、また後日ご報告します。


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 17:52| 長野 ☔| Comment(5) | TrackBack(2) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイトルに釣られて読んじゃいました!またきますねー♪
Posted by えみり at 2006年07月03日 11:54
おじゃましまーすっ!更新乙です!日記書くのもたいへんですねー(・3・)
Posted by ふーヵ at 2006年07月03日 12:20
こんにちゎ。気になったのでコメントしましたw
Posted by NaNa at 2006年07月04日 17:20
初めまして。

日光白根ですかー、私も行きました!
ここ数年、毎年行っていますが、今年はまだです。
いいなぁ。
同じところで写真を撮った事があるので、懐かしい感じがしました。
Posted by ぶーすか at 2006年07月13日 19:26
画像みれない
Posted by at 2008年08月29日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20165322

この記事へのトラックバック

座禅温泉
Excerpt: 奥白根山 <温泉紹介> ■温泉名 座禅温泉(ざぜんおんせん) ■泉質 硫酸塩泉 ■温泉適応症 慢性皮膚病・神経痛 ■温泉の色 無色透明 ■源泉温度 約55度 ■特徴 丸沼スキー場の中に湧く温泉。 ..
Weblog: なんちゃって☆百名山
Tracked: 2006-09-17 17:00

奥白根山 ゴンドラの中
Excerpt: 岩に埋もれそうなコマクサを見たのは、八ヶ岳。「これが・・・」おもしろい花だと思っ
Weblog: 山からエッセイ
Tracked: 2009-08-06 05:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。