2012年02月12日

鹿沢温泉

鹿沢温泉は、四阿山南麓、浅間山西麓に位置する群馬県吾妻郡嬬恋村にある温泉。
標高1500mの高所にあり、日本秘湯を守る会にも属する一軒宿の紅葉館があります。
その手前に鹿沢温泉から引湯する新鹿沢温泉があり、周辺には鹿沢スノーエリアなどのスキー場があります。
開湯伝説は元禄年間に、鹿が傷を癒している所を発見したとされており、温泉名もこれに因んでいるとか。

<温泉紹介>
■温泉名
鹿沢温泉(かざわおんせん)
■泉質
重炭酸土類泉(マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩温泉)
■温泉適応症
神経痛・関節痛・火傷・慢性消化器病・痔症・肝臓病・美肌など。
■温泉の色
緑褐色
■源泉温度
44.5度
■特徴
「雪山賛歌発祥の地」として知られる温泉。

<施設紹介>
■施設名
紅葉館
■所在地
群馬県吾妻郡嬬恋村田代681
■浴場
男女別内湯
■特徴
日本秘湯を守る会会員宿。

P1290033.JPG
鹿沢温泉 湯本「紅葉館」

降雪の四阿山大敗の日、この温泉に立ち寄りました。

一軒家の宿は飾り気のない様子でたたずんでいました。

立ち寄り湯ができるかと尋ねると、当たり前のように、湯殿へ案内してくれました。

湯治場の装いの雲井の湯は加水加温なしの源泉掛け流しのお湯を惜しげもなくたたえていました。

湯船とは別にお湯がじゃばじゃばと流れ落ちています。

お湯は緑褐色に濁っていて、鉄錆びのような匂いがします。

お湯は熱めでそう長くは浸かっていられません。

入っては出て、入っては出てを繰り返し、次第に体が贅沢な温もりへと変化するのを感じます。

今に伝統を伝える山のいい温泉は、四阿山敗退の折れた心を癒してくれました。

P1290027.JPG



banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 20:50| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 出で湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/249278234

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。