2012年02月17日

蔵王山(積雪期)樹氷巡り

<登山日>2012/2/10(金)-11(土)
<天 候>雪
<コース>
@蔵王ロープウェイ 山頂駅[約1660m]地蔵岳周辺散策
A宮城蔵王スキー場 すみかわスノーパーク リフト最上部〜(120分)刈田岳1680m地点〜(90分)リフト最上部〜(60分)すみかわスノーパーク駐車場
<標高>約1736m(地蔵岳)
<歩行高低差>約580m
<歩行時間>8時間30分

P2100060.JPG
蔵王ロープウェイより(2012.2.10)


蔵王連峰は、奥羽山脈の一部を構成し、宮城県と山形県の県境に位置し、中央部分水嶺でもあります。主峰は山形県側に位置する熊野岳(1841m)。噴気口や火口湖の御釜がある活火山で、その恩恵を受け、裾野に数多くの温泉が存在しています。スキー場も多く東北最大のスノーエリアにもなっています。


樹氷巡りも悪天候
冬の蔵王山へ

今回は山登りというよりは樹氷巡りトレッキングに蔵王山周辺に遊びにいってきました。
運よく天候がよければ熊野岳にまで足を延ばそうと思っていましたが、冬の蔵王はそう甘くありませんでした。

地蔵岳に登るのがやっとという風雪の厳しさと視界の悪さで、それ以上進めませんでした。

初めてこの蔵王を訪れたときも、夏でしたが激しい風雨のため視界が悪く、地蔵岳で退散した思い出があります。

地蔵岳から熊野岳へのルートをいつか一度は歩いてみたいものです。



宮城側にあるすみかわスノーパークからリフトを利用して刈田岳周辺の樹氷も見にいきました。

こちらでは雪上車による樹氷ツアーも実施されており、刈田岳山頂付近まで雪上車の通る道があり、楽に登れると思っていました。

こちらも非常に強い風雪とほとんど視界が利かない、深い雪といった厳しい状況となり、山頂寸前それ以上進むことが厳しい状況となり、諦めて引き返しました。

冬の蔵王恐るべし。

まあ、こうした冬の厳しい環境が樹氷をつくるのでしょう。



過去の蔵王山山行記録はこちら。
蔵王山・夏ののどかな熊野岳登頂記録


banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 21:44| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251882329

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。