2007年01月03日

銀嶺「立山」

清酒「立山」
日本百名山のひとつ「立山」の名をもつ清酒「立山」。庄川の地下水を用いた仕込み水と、良質の酒造好適米「山田錦」を用いた味わいは、北陸の地酒の名を全国区へと押し上げました。立山酒造鰍フ年間生産高は北陸の蔵としては最大の3万5000石で、内9割は富山県内で消費されます。

大吟醸「連峰立山」は、平成9酒造年度全国新酒鑑評会で金賞を受賞しています。

今回購入したのは、立山駅前にある酒屋さんで、吟醸「銀嶺立山」です。

P9300175.jpg

吟醸 銀嶺立山
■アルコール度:15.6度 ■日本酒度:+5.0
■酸  度:1.4  ■精米歩合:58%
■容 量 (ml):1800 / 720 / 300
■特徴:やや辛口。淡麗にしてすっきりした味です。

他に純米大吟醸「雨晴」、純米吟醸「雨晴」、大吟醸「連峰立山」、本醸造「銀嶺立山」等があります。

楽天の「和田屋」さんで購入できます。
北陸の地酒「和田屋」 立山酒造


家立山酒造株式会社
●所在地:富山県砺波市中野220
●創 業:文政13年(1830年)
立山酒造潟zームページ
立山酒造株式会社


banner_03.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 17:21| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒の百名山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30756489

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。