2014年11月10日

いやしの湯

北丹沢、蛭ヶ岳への最短登山口でもある青根地区にある日帰り温泉施設。
丹沢山地の基盤を形成する約500万年前の地下深所で、結晶・固化した 石英閃緑岩の裂け目に沿って、長い年月をかけ涵養された温泉です。

<温泉紹介>
■温泉名
いやしの湯
■泉質
カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉
■温泉適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、動脈硬化症、切り傷、やけど、慢性皮膚病など
■温泉の色
無色透明
■源泉温度
36.8度
■特徴
丹沢山地の北側にある温泉。

<施設紹介>
■施設名
いやしの湯
■所在地
神奈川県相模原市緑区青根807-2
■浴場
男女別内湯・露天風呂
■特徴
緑の休暇村センターと併殺されている日帰り入浴施設。
いやしの湯

奥相模湖近くの道志・青根緑の休暇村にある町営の日帰り温泉施設。

今回は沢登の帰りに寄りましたが、ここは以前蛭ヶ岳に登った際に立ち寄ったことがあり、今回2回目の立ち寄りとなりました。

登山を始めた頃を思い出させる場所です。

丹沢周辺のこれまでに立ち寄った温泉(意外に少ない!)
中川温泉
七沢温泉@
七沢温泉A


banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 15:39| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 出で湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411683567

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。