2007年05月29日

赤城温泉

赤城山

赤城温泉 にごり湯の宿

P4070394.jpg

<温泉紹介>
■温泉名
赤城温泉
■泉質
カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩温泉(中性低張性高温泉)
■温泉適応症
神経痛、胃腸病、高血圧症、切り傷
■温泉の色
無色透明(空気にふれると茶褐色)
■源泉温度
43度
■特徴
赤城山南の中腹、標高900mにある温泉。
元禄十三年より万病に効く薬湯として親しまれ、その濃厚な成分から床が茶褐色になるほど。

<施設紹介>
■施設名
赤城温泉ホテル
■所在地
群馬県前橋市苗ケ島町2031
■浴場
男女別大浴場、男女別露天風呂
■特徴
源泉掛け流し天然にごり湯。24時間入浴可能。

赤城温泉ホテルは、赤城山南の中腹にある山間の一軒宿で、元禄十三年より「あづまや」として創業し、万病に効く薬湯として親しまれてきた歴史ある温泉宿です。

赤城温泉 赤城温泉ホテルホームページ

お湯は一見すると真茶色に見えますが、よく見ると床が茶褐色で、お湯自体は緑がかった薄茶色といった感じで、手ですくって見ると以外に透明感があります。源泉は無色透明ですが、お湯が空気にふれると茶褐色に変化するとのことです。

お湯はあまり熱くありませんが、ここの温泉は一切加熱・加水していないとのことです。露天はちょっと温めです。

内湯の湯船も露天もそれほど大きくはありませんが、湯船や床が茶褐色に染まった感じが秘湯感をかもし出しています。

P4070393.jpg

日帰り温泉として立寄る方も多いようですが、それほど混雑もしておらず、宿の方も親切に案内してくれる親しみのわく温泉です。


赤城山登山履歴


banner_03.gif

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

ランキングオンライン



なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 07:53| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 出で湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43175658

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。