2007年08月19日

磐梯山

<登山日>2007/6/24(日)
<天 候>晴れ後曇り
<行 程>磐梯山ゴールドライン 八方台登山口[1194m]〜中ノ湯(25分)〜弘法清水(50分)〜磐梯山山頂[1819m](25分)〜弘法清水(15分)〜黄金清水(15分)〜中ノ湯(45分)〜八方台登山口(15分)
<歩行高低差>約625m
<歩行時間>3時間10分(山頂まで1時間40分)

P6230138.jpg

会津の名山、磐梯山は、別名「会津富士」「会津磐梯山」とも呼ばれ、磐梯高原を含めて磐梯朝日国立公園に位置します。正確には磐梯山、赤埴山、櫛ヶ峰を総称して『磐梯山』と呼びます。表磐梯から見る磐梯山は穏かな普通の山に見えますが、裏磐梯から見ると、一変して山体崩壊の跡の荒々しが際立っています。


以外にも多くの花に出会える山
今回の福島三山の旅、最後の百名山は磐梯山です。
またもや最短コースを狙います。
磐梯ゴールドラインの最高点にある八方台登山口からのアプローチです。

P6240079.jpg
八方台駐車場

P6240080.jpg
八方台登山口

ゴールドラインを横断し、登山口に入ります。
登山道は、中ノ湯までは車が通れるほどの広い路で、緩やかな登り坂が続いています。
やがて硫黄臭がしてきて、地面から温泉が湧き出している中ノ湯温泉の跡地に出ます。

P6240044.jpg P6240076.jpg
中ノ湯跡地

現在は廃墟となっていますが、温泉は涌き出ていて、荒れ果てた露天風呂がそのまま残っています。

中ノ湯を右から巻くように登山道は続いており、小さな池を渡り、檜原湖方面への分岐を過ぎると、本格的な上りになります。
樹林帯の中を暫らく進むと、やがて林の切れ間から檜原湖が望めるようになります。

P6240045.jpg

中ノ湯から約50分位で小さな休憩小屋のある弘法清水の広場に出ます。

飲み物や食事もできる休憩小屋が二軒あり、ちょっと覗いて見ると主人がお茶をご馳走してくれました。

P6240046.jpg
弘法清水

                P6240047.jpg
                弘法清水小屋から檜原湖方面を望む

                P6240050.jpg
                櫛ヶ峰

弘法清水の右脇に登山道は続き、急な上り坂になります。
傾斜が緩やかになってくると山頂はもうすぐです。

山頂付近から岩場になり、山頂には祠があり、360度の大展望が楽しめます。登って来た反対側には猪苗代湖が広がっています。

P6240052.jpg P6240051.jpg
磐梯山山頂 背景に見えるのは猪苗代湖


山頂から弘法清水に戻り、お花畑のある黄金(こがね)清水に下りていきます。

P6240053.jpg
弘法清水小屋付近から磐梯山を見上げる

今回の目的のひとつでもあるバンダイクワガタを探しながら、黄金清水のお花畑で一休み。

バンダイクワガタはこちらにUPしています。
磐梯山の高山植物

P6240069.jpg
黄金清水付近のお花畑

P6240055.jpg
黄金清水付近から望む櫛ヶ峰

黄金清水から一旦着た路を登り、弘法清水まで上がらずにお花畑を経由して
元着た路を下山しました。


磐梯山はゴツゴツした岩山の殺伐としたイメージがありましたが、以外にも緑が多く、お花畑などもあり、このシーズンには多くの高山植物と出会えます。
今回のルートは最短の時間で登頂できますが、樹林帯の中に登山道が作られているため、見晴らしがあまり利きません。猪苗代スキー場からのルートの方が見晴らしがよさそうで、池やお花畑もあり、より登山を楽しめそうなルートです。


P6230068.jpg
安達太良山から望む磐梯山


banner_03.gif

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

ランキングオンライン



なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 13:30| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会津磐梯山の写真、転載のお願い

 突然のコメントで申し訳ございません。
 現在製作中の書籍『ご当地バカ百景・ウワサの物産展』(宝島社)にお写真の転載のお許しをいただけないでしょうか?
 もし、可能でございましたら、2月16日までに下記アドレスにご連絡いただくか、コメント欄にお返事くださいませ。

 担当/薮下秀樹(宝島社) yabushita@treasure.co.jp 03-3239-0069
Posted by 薮下秀樹 at 2009年02月13日 14:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

北岳 キタダケソウ
Excerpt: 【キタダケソウ】北岳の固有種キタダケソウは、残雪が消える6月下旬頃に開花します。背丈は5〜15cmほどで白色の花の直系は2〜2.5cmほどです。北岳山頂直下の南東斜面の限られた場所、岩混じりの草地で見..
Weblog: Nature Cruise
Tracked: 2007-08-19 14:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。