2007年08月29日

斜里岳

<登山日>2007/7/14(土)
<天 候>晴時々曇り
<行 程>清岳荘[約680m]〜下二股(45分)〜上二股(105分)〜馬ノ背(30分)〜斜里岳山頂[1545m](30分)〜馬ノ背(20分)〜上二股(20分)〜熊見峠(35分)下二股(35分)〜清岳荘(40分)
<歩行高低差>約865m
<歩行時間>6時間(山頂まで3時間30分)

斜里岳は知床半島の付根にある千島火山帯を形づくる成層火山。鋭い山頂と美しく延びる裾野が特徴。オホーツク富士、斜里富士とも呼ばれ、アイヌ語ではオンネヌプリ。

P7140008.jpg

滝と花の名山 オンネヌプリ
沢伝いのアドベンチャーチックな旧道を登る


道東第2戦は斜里岳。
清岳荘からのコースです。

清岳荘は1998年に焼失しましたが、現在では再建され食事なしの素泊まりのみの小屋となっています。水は飲料水としては利用できません。
駐車場を5.60台程のスペースはあると思いますが、到着時には1台の駐車スペースしか残っていませんでした。後は道路に駐車しています。

P7140072.jpg
清岳荘
新しいので小奇麗な山小屋です。

清岳荘の右脇から登山道は始まります。
一旦林道に出て、少し行くと林道は行き止まり、その先に登山道が続いています。

P7140071.jpg

沢沿いの路は、北海道とは思えないほど、シダ類が生茂る鬱蒼とした森の中に続いています。
幾度となく沢を渡り、左右に沢を行き来します。

P7140009.jpg

やがて下二股に出、登りは沢沿いの旧道を辿ります。

始めは、沢沿いの路でしたが、次第に沢の中に路があるような感じになり、沢沿いの岩壁を伝っていくような路もあります。でも足を濡らすこともなく、旨い具合に路ができています。

P7140010.jpg

旧道には大小幾つもの滝があり、下流から水簾の滝、水蓮の滝、羽衣の滝、万丈の滝、見晴らしの滝、七重の滝、霊華の滝、竜神の滝と続きます。
滝には名称の看板がそれぞれ付いています。

やがて、その中でも一番立派な羽衣の滝に到着します。

P7140012.jpg
羽衣の滝


この滝の左側に路はあり、滝沿いを上り滝の上に出ます。

                P7140015.jpg
                滝を上から見ると
                こんな感じです。

途中、鎖やロープを頼りに上っていきます。
この辺りまで登ると、振り返ると遥か下方に下界が広がります。

P7140018.jpg

更に沢を上っていきます。

P7140017.jpg

P7140019.jpg

P7140020.jpg

左の滝に沿って上がります。もうこの辺りまで来ると沢沿いというよりは沢の中を進むことになります。でも不思議と濡れることはありません。

沢を歩き、沢沿いの岩壁に取り付けられたロープを伝わって進みます。ちょっとしたアドベンチャー心をくすぐられます。
(沢を登るのって、ちょっと楽しいかも)

そうこうしていると、沢の水量も少なくなり、新道と合流する上二股に到着します。慣れない沢の路のせいか思ったより時間が掛かります。

P7140024.jpg

ここから、ダケカンバやミヤマハンノキのトンネルを抜け、ちょっと急な坂道を上がっていきます。ガレ場をジグザグにつめると馬ノ背に出ます。

P7140065.jpg

馬ノ背周辺から上は高山植物の種類も豊富で、お花畑の中を上がっていきます。南斜里岳周辺の展望も開け、美しい展望を楽しみながら山歩きができます。

P7140041.jpg
ひとしきり上るとお花畑が広がる稜線に出る。


斜里岳で見られる高山植物はこちらにUPしています。
⇒⇒斜里岳の高山植物



P7140042.jpg
稜線からはオホーツクの海が真近に見える。
ほっとする瞬間です。


馬ノ背から約30分ほどで頂上に着きます。

P7140049.jpg
斜里岳山頂

P7140048.jpg
斜里岳山頂から望む南斜里岳


下山は、頂上から馬ノ背、上二股に戻り、新道に入ります。
しばらく緩い下りで、熊見峠のところで少し上り、熊見峠からは急下降して下二股で旧道と合流します。

P7140068.jpg
熊見峠への路

P7140069.jpg
熊見峠

その後は来た路を清岳荘に戻ります。


今回上りでとった旧道は、沢沿いを滑らないよう注意して歩けばそれほど危険な所もありませんが、それはあくまでも上りに限って言えることで、下りとなると結構面倒な箇所もあり、あまりお勧めできません。逆に新道は上りとなるとかなりの急坂で苦労することが予想されます。
それにしても旧道の上りは、めっちゃ楽しーい!


斜里岳のキタキツネ
清岳荘からの帰り道、林道の真中でキタキツネが座って待っていた。
車を停めるとその回りをぐるぐる回って、逃げようとしない。
餌をねだっているかのようだったが、野生動物故餌を与えちゃあアカンのでしょ。
P7140074.jpg P7140077.jpg

そのキタキツネは全然逃げない。
逃げないどころか、ゆっくり車をスタートさせると、そのキタキツネは車の後を追いかけくるではありませんか。
次第に速度を上げると、全速力で追ってくる。
バックミラーに写るキタキツネがなんとも切なく思えた。


banner_03.gif

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

ランキングオンライン



なんちゃって百名山TOPへ

posted by Cruiser at 07:29| 長野 ☁ | TrackBack(0) | 日本百名山 登山履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52791758

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。