2008年05月31日

筑波山温泉

古くは『万葉集』にも詠われた筑波山。その南山腹に立つ筑波山神社の門前に、一軒宿の筑波温泉と、筑波山温泉を引く数軒の旅館があり、筑波山温泉郷を形成しています。筑波山温泉は、もともとあった筑波温泉に対し、近年掘削された新源泉による温泉。いずれの温泉も、ミネラル分を多く含み、肌ざわりのやさしい美人の湯と言われています。

<温泉紹介>
■温泉名
筑波山温泉(つくばさんおんせん)
■泉質
アルカリ性単純泉
■温泉適応症
神経痛・関節痛・筋肉痛・慢性胃腸病・美肌
■温泉の色
無色透明
■源泉温度
25.7度
■特徴
筑波山の中腹、筑波山神社の南斜面に湧く温泉。

<施設紹介>
■施設名
筑波山 江戸屋
■所在地
茨城県つくば市筑波728
■浴場
男女別内湯・露天風呂
■特徴
創業三百余年の伝統ある温泉宿。

P3230059.jpg

筑波山 江戸屋ホームページ

車で筑波山神社を目指し旅館街を通り抜けていくと、神社の参道となり車は行き止まりになってしまいます。その行き止まりにあるのが今回の江戸屋です。故に江戸屋の駐車場は車の転回場となってしまっています。
参道の入口の脇にある温泉旅館です。

江戸屋の歴史は古く、徳川江戸幕府の頃、筑波山神社が将軍家の祈願所となり筑波山が栄えた寛永年間に創業されています。敷地内には筑波七霊泉の一つ「杉の水」が湧き出しており、由緒ある旅館なのです。

建物は意外に新しい感じで、館内は落ち付きのあるモダンな感じの雰囲気です。

お風呂は男女別に内湯と露天風呂があります。露天風呂は岩風呂で、清潔感があるのですが、なんとなく後から内風呂に付け足したような感じがします。

露天風呂のお湯は温めでしたが、長く入っているとジワーッと汗ばんできます。

P3230085.jpg  P3230087.jpg

P3230096.jpg
筑波山温泉には、つつじヶ丘への途中に日帰り温泉施設「つくば湯」があります。


P3230060.jpg
筑波山登山履歴へ
筑波山ロープウェイへ


banner_03.gif にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


なんちゃって百名山TOPへ
posted by Cruiser at 09:58| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本百名山 出で湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。